ソニー仙台FC支援募金のご報告

去る7月17日に皆さまにご協力いただきました支援募金を、7月24日に仙台市で行なわれましたJFL後期第4節ソニー仙台FC戦の試合前に、皆さまを代表してお渡しして参りましたのでご報告します。

110724 ソニー仙台FC支援募金

ソニー仙台FC後援会様より以下のメールを頂戴しました。

本日はAC長野パルセイロサポーターの皆様方から義援金をいただき、誠に有難うございます。皆様の温かなご支援に感謝申し上げます。
3.11の大震災、大津波より4ヶ月が過ぎましたが、東北の沿岸地域では未だ災害の爪あとが残り、ソニー仙台FCの選手達も会社の復旧作業をやりながら、練習に取組んでおります。JFLへ参戦し、精一杯プレーすることが地域に元気を与えると信じ、頑張っている選手達の力となれるよう、そして、JFLでの活躍が東北、宮城の復興のシンボルになるよう、我々サポーターも頑張って参ります。
復帰後4試合を終え、厳しい状況は変りありませんが、必ずJFLに残留し、来季、長野のアウエーで戦えることが、ご支援いただいた皆様への恩返しと考え、選手とサポーター一体となりチャレンジして参ります。
最後になりますが、本日は遠方よりお越しいただきまして有難うございました。
ありがとうAC長野パルセイロ選手、サポーターの皆様、ありがとうJFL、ありがとうサッカー、ありがとうサッカーを愛するみんな。


東北をはじめとした大震災で被災された地域の一日でも早い復興と、そしてサッカーを愛する仲間ソニー仙台FCの皆様と再びスタジアムで相見えることを切に願います。
そして、改めて今回の支援募金にご協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。